自動火災報知設備

HOME自動火災報知設備

自動火災報知設備のことなら、実績のある当社へご依頼下さい。
お客様と建物の安全を守る通信設備工事業者として、お役に立てればと考えております。
建物の用途や広さなどによって、自動火災報知設備の設置は異なります。
これまでの経験を活かし、現場の状況を確認したうえで消防法により定められた施工を行います。
ご相談・お見積りは無料ですので、自動火災報知設備でお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

自動火災報知設備とは

自動火災報知設備とは、工場・ビル・マンション・病院・店舗などの建物内に設置することを義務づけられている消防設備です。

  • 消防設備機器の設計・施工
  • それぞれの機器の修理・改修工事
  • 型式失効制度による新しい規格の機器への交換

自動火災報知設備

自動火災報知設備の主な機器と役割

火災受信機
火災受信機は、建物の防災センターや中央管理室に設置されています。
火災を受信すると、建物内にベルを鳴動させ、必要に応じて非常放送設備や防火防排煙設備、消火設備などを起動させる設備。

熱感知器
熱の検出方式によって、定温式と差動式があります。
火災の熱により一定の温度以上になると作動する設備。

煙感知器
火災により発生する燃焼生成物を検出する機器。
火災感知器のひとつで、煙で警報装置が作動するタイプなど。

炎感知器
火災の炎から発生する紫外線を検出するものです。
設置する場所によっては、非火災報を発生することもあるため、環境を考えて設計する知識と経験が必要。